今年はパープルを上手に使ったアイメイクに挑戦してみましょう。

もうすぐクリスマス。パーティーや忘年会など人の集まる場所に参加する機会が多くなります。リンパマッサージで小顔の対策を実践中です。
あとはパーティ向けのメイクを研究。そこで今年風の注目アイメイクについてご紹介します。メイクで華やかさを演出する影の主役はアイメイク。今年はパープルを主体にしたアイメイクで目度upを目指しましょう。まず、アイホール全体に淡いピンクでラメ感のあるアイシャドーをつけます。ポイントはたくさんつけずぎないこと。ピンクはたくさんつけるとぼってりした感じになるので、少量をうすく伸ばす感じでつけるようにします。そして二重のところにパープルをつけます。パープルはリキッドでなくパウダーアイシャドーを使ってこれもまた薄めにつけます。このパープルは濃くつけると派手になりすぎることがあるので、ラメ感があって色はうすづきのものを選びます。そして目全体を引き締めるために、目の際にグレーのアイラインをひきます。また、眉の下と目の下には顔全体を明るくみせるためのハイライトをいれ、顔色を明るくみせます。これで華やか今年風のパーティーメイクが完成。